光触媒の施工

可視光応答型光触媒 FLEX GUARD

光触媒ってなに?

有害化学物質の分解
酸化チタンに光(紫外線)があたると表面に活性酸素が発生して、接触する有害物質を分解します。
親水作用
親水作用により外壁やガラスに付着した汚れの下に水が入り込み、その汚れを浮かして流します。

光触媒のしくみ

酸化チタン(TiO2)は、太陽や蛍光灯から出る光エネルギーを吸収してエネルギーの高い状態となり、そのエネルギーを反応物質に与えて科学反応を起こします。

酸化チタンに光を照射したときに生じる強力な酸化力を利用すると、ほぼ全ての有機化合物を水や炭酸ガスに分解することができます。

光のエネルギーのみを用いるのでランニングコストをかけずに脱臭、抗菌、防カビ、排ガスの浄化、防汚、水処理などに安定した効果を発揮します。

可視光応答型光触媒 FLEX GUARDの安全性

酸化チタンの歴史は古く、白色顔料の原料として使われています。

私たちの身の廻りのものでは、歯磨き粉、化粧品、サプリメント、ホワイトチョコレートなどがあります。

物質として安定しているため、食品添加物として認められ、人にも環境にも優しい安全・安心なものです。

可視光応答型光触媒 FLEX GUARDの特徴

特徴その1

アパタイト被覆酸化チタンが主成分

アパタイト(骨や歯を構成している無機成分)は菓子やチューイングガムなどの食品添加物としても応用されています。
優れた特徴として吸着性があります。
インフルエンザウィルスや大腸菌などの細菌類、シックハウス症候群の原因となるアルデヒド類や臭い成分であるアンモニア、さらに大気汚染物質である窒素酸化物の吸着性があります。
特徴その2

可視光応答型

太陽光や蛍光灯の光に多く含まれる可視光を光触媒反応に応答するように改良されています。
また、暗所でもアパタイト機能により有機物質や細菌を吸着して照射時に分解します。
特徴その3

有機物質と光触媒との隔離

アパタイトを被覆した二酸化チタンをプラスチックや繊維、紙などの有機系の媒体などに混合しても基材を分解しません。
特徴その4

バインダーが不要

独自の製法と噴射方法により均一に、バインダーがなくても付着させることができます。
特徴その5

施工が簡単

常温乾燥でしっかり密着するので、既存の建物へのコーティングも簡単でスピーディ。
耐熱性のない材料にも対応します。
またララコート溶剤は中性なので、酸や薬品に弱い金属、プラスチックなどへのコーティングにも効果を発揮します。
特徴その6

安全性

酸化チタンは食品添加物として認められており、歯磨き粉やホワイトチョコレート、石鹸、化粧品などに幅広く用いられている安全な物質です。
酸化チタンを主成分としており、住まいのあらゆるところに安心してお使いいただけます。
特徴その7

品質と安全の信頼性。

光触媒工業会の「品質と安全に関する規格」と「光触媒製品ガイドライン」のみに与えられる「PIAJ」を認証取得しています。

可視光応答型光触媒 FLEX GUARDの用途

用途は、消臭、抗菌・抗ウィルス、院内感染防止、防汚、防カビ、車内の消臭など多岐にわたります。

特に室内の施工は今後さらに需要が高まり、本当に効果がある可視光応答型の光触媒が求められています。

室内でもしっかり効果を実感することができ、日本をはじめ海外においても高い評価をいただいております。

光触媒ララコートの用途には、浄水、大気浄化、防汚、脱臭(空気清浄)、防雲、抗菌などの用途があります。

  • 永和建築へのお問い合わせ 住まいのリフォーム、新築住宅、光触媒などお気軽にお問い合わせ下さい。